【6倍数ロト6予想的中法】「出にくいパターン」を避けてロト6を予想して当選率アップを目指そう!

【6倍数ロト6予想的中法】「出にくいパターン」を避けてロト6を予想して当選率アップを目指そう!

誰でも手軽に数字を選び、挑戦できるのがロト6の魅力です。

「なかなか当たらない…」と思ったときには、当選確率を上げるためのロト6の予想を実施しましょう。

素人でも簡単にできるのが、43の数字をグループ分類し、フィルターにかける「6倍数ロト6予想的中法」です。

仕組みと方法を解説します。

常勝アプリ「あたるクンGOLD」があなたのロト6ライフをサポート

あたるクンGOLD 「【6倍数ロト6予想的中法】「出にくいパターン」を避けてロト6を予想して当選率アップを目指そう!」をご覧いただく前にロト6を攻略する、おすすめツールをご紹介します。
なんとわずか1年足らずで数千万円以上の当選実績が続出しているロト6ファンのための最後にして最高の常勝アイテム『あたるクンGOLD』は、あなたが夢見る億万長者の夢を今すぐ現実にするアイテムです!『あたるクンGOLD』を使って毎回3等以上をゲットしましょう!

ロト6「出にくい当選タイプ」を見極める仕組みとは?

ロト6の数字の出現パターンには、ある程度の偏りがあります。

この偏りを見極め、「出にくい当選タイプ」を避けて購入することで、より当選確率の高いタイプのみを購入できます。

「出にくい当選タイプ」を見極めるための攻略法・「6倍数ロト6予想的中法」の仕組みをチェックしてみましょう。

【ステップ1】「数字を6つにグルーピングしよう」

6倍数ロト6予想的中法」の仕組みを理解するための最初のステップは、実にシンプルです。

43の数字を番号順に、6つのグループに分類します。

【1グループ】 01、07、13、19、25、31、37、43
【2グループ】 02、08、14、20、26、32、38
【3グループ】 03、09、15、21、27、33、39
【4グループ】 04、10、16、22、28、34、40
【5グループ】 05、11、17、23、29、35、41
【6グループ】 06、12、18、24、30、36、42

1グループのみ8つの数字、それ以外のグループには7つの数字が分類されます。
このグループ番号が「6倍数」です。

【ステップ2】「過去の当選番号のグループをチェックしてみよう」

2020年10月に実施された第1525回の当選番号は、「03、07、20、21、28、32」でした。
これを先ほどのグループ番号で表示すると、それぞれの数字が含まれるのは「【3】【1】【2】【3】【4】【2】」です。

さらに番号が若い順に並び替えてみると、「【1】【2】【2】【3】【3】【4】」となります。

この回においては、2つのグループからそれぞれ2つずつの当選番号が出ていることがわかります。

【ステップ3】「11の当選タイプから、動向を探る」

ステップ2の手順に沿って分類すると、ロト6には11の当選パターンがあることがわかります。

しかし、そのすべてが公平に出現するわけではありません。

過去に100回以上出現しているパターンもあれば、ほんの数回しか出ていないものもあり、特に出現回数が多いのは、以下の4つです。

2つのグループから2つずつで、残り2つはそれぞれ別のグループ

例:【1】【1】【2】【2】【3】【4】

2つが同じグループで、残り4つはそれぞれ別のグループ

例:【1】【1】【3】【4】【5】【6】

3つが同じグループ、残り3つはそれぞれ別のグループ

例:【1】【1】【1】【2】【3】【4】

3つが同じグループ、2つが別の同じグループ、残り1つがまた別のグループ

例:【1】【1】【1】【2】【2】【3】

【ステップ2】で挙げた第1525回の結果は、1番目に挙げた当選パターンに当てはまっていることがわかります。

この4タイプ以外のパターンを購入対象から排除するだけで、理論出現率から導き出す成功率は91.3%にも上ります。

奇数・偶数でさらなるフィルターが可能!

上で挙げた4つの主要パターンにおいても、さらにフィルターをかけることが可能です。

過去のロト6の当選データから分析すると、グループ分け番号(6倍数)が偶数のみ、もしくは奇数のみの当選回数は非常に少ないのです。

【例】
グループ分け番号が偶数のみ……【2】【2】【2】【4】【6】【6】
グループ分け番号が奇数のみ……【1】【3】【3】【3】【5】【5】

これらのパターンが出現する確率を理論値で示すと、奇数のみは1.2%、偶数のみでは0.8%にとどまります。

当選確率を考えると、カットして構わないでしょう。
またこちらは、奇数・偶数だけではなく、グループ分け番号を低数字(【1】~【3】)と高数字(【4】~【6】)に分け、応用することも可能です。

低数字グループのみ、または高数字グループのみで当選番号が構成される可能性は極めて低いため、予めカットしてから数字を決定してみるのも良いでしょう。

過去のデータから、さらなるカットを実践しよう!

選択する数字のパターンを、主要4パターンのみに絞り込むとは言っても、その選択肢はまだまだ広いです。

ここからは過去のデータを分析して、「出にくい当選タイプ」をさらにカットしていきましょう。

2つのグループから2つずつで、残り2つはそれぞれ別のグループ

例:【1】【1】【2】【2】【3】【4】

こちらは、当選回数が多い主要パターンの1つではありますが、実際に出現するグループ分け番号には偏りがあります。

たとえば、【1】【1】【3】【4】【5】【5】の当選回数は多いのですが、【1】【1】【2】【2】【3】【4】になる当選がありません。

ロト6の当選確率を上げたいと思うのであれば、後者よりも前者を選んだ方が効果的だと言えるでしょう。

過去のデータを分析してみると、番号パターンの中には、極端に出現確立が低いものも存在しています。

多少リスクはありますが、思い切って購入対象からカットしてみるのも、一つの方法です。

過去のデータを参考にすれば【1】から【6】のうち、勢いを持つグループ、勢いを持たないグループの見極めもしやすくなります。

勢いを持たないグループを含む無当選番号パターンのみを除外すると、予測が外れるリスクを低下できるでしょう。

ロト6で勝つためには運が必要ですが、当選確率を上げるためのロト6の予想は、誰でも実践可能です。

過去のデータをフル活用した「6倍数ロト6予想的中法」の仕組みを知って、今後の購入に役立ててみてください。