コラム

【今さら聞けないけど知りたい!】楽天銀行でロト6を買うメリット

【今さら聞けないけど知りたい!】楽天銀行でロト6を買うメリット

ロト6・レッドが予想する

2022年5月23日【第1691回】ロト6

高額当選させるための予想数字
無料でお届けします!

予想数字をもらう

こんにちは。ロト6レッド・マリです♪ジメジメ梅雨はもう少し続きそうですね。

ところで、皆さんは普段ロト6をどこで買っていますか?おなじみの宝くじ売り場のほかにも買えるのはご存知でしょうか?し・か・も!買い方をちょっと工夫することで得することもあるんです。最近、仕事で忙しい友達にもそれを教えてあげたら「意外にメリット多いね~♪」と喜んでいました。それがどこかと言うと……

ズバリ!ネットバンク!

さらにマリがおすすめするのは「楽天銀行」です♪

実は、2016年からロト6をはじめとする数字選択式宝くじがインターネットでも販売されるようになってまだ3年ちょっとなので、意外に知らない人(使っていない人)もいると思いますが、いざ使ってみると便利なことがたくさんあるんですよ♪

そこで今回は【ロト6が買える場所4つ】と、友達にもおすすめした【楽天銀行で買うメリット】についてご紹介したいと思います。ぜひ最後まで読んでくださいね!

ロト6が買える場所は「4つ」!

ロト6が買える場所は「4つ」!

ロト6レッドまずは基本的なところから♪
ロト6の購入先はこれからご紹介する4つ。どこでも同じように買えると思われがちですが、実はビミョーにちがうので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

1.宝くじ売り場

購入可能期間 原則1年中、数字選択式宝くじ取扱売り場で購入可能。
取り扱い時間 毎日8:00~20:00(年末年始を除く。抽選日(月曜日と木曜日)の発売は18:30まで)
その他 売り場によって取扱商品や取扱時間が異なるので注意。

2.宝くじ公式サイト

購入可能期間 原則1年中、購入可能。
取り扱い時間 毎日24時間(年末年始を除く。抽せん日(月曜日と木曜日)の発売は18:20まで)サイト上では、抽選日の場合18:20~翌日8:00、抽選日ではない場合19:50~翌日8:00の購入分は発券予約となり翌8:00以降の決済となる。
その他 購入時は、会員情報、宝くじ購入時のクレジットカード情報、当選金の受取口座情報を登録する必要があり。

3.インターネット販売金融機関(ネットバンク)の販売サイト

購入可能期間 原則1年中、購入可能。
取り扱い時間 毎日24時間購入可能。
その他 みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行の5行で取り扱い中。

4.ATM宝くじサービス

購入可能期間 銀行により異なるため、詳細は各銀行のホームページを確認。
取り扱い時間 銀行により異なるため、詳細は各銀行のホームページを確認。
その他 みずほ銀行のほか、地方銀行28行で取り扱い中。銀行によって取扱商品が異なるので注意。

(参照元:宝くじ公式サイトhttps://www.takarakuji-official.jp/kuji/loto/loto6/howto.html)

「あー知ってる知ってる!」って人もいれば、「いつも同じ場所で買ってるから知らなかった」という人までいらっしゃったのではないでしょうか。それでは、次に今回のテーマのキーワード「楽天銀行」を含めたネットバンクについて解説しますね。

ネットバンクでロト6を買うときの条件は?

ネットバンク

ロト6レッドロト6をインターネットで購入することができる銀行は、「みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行」の5つ!忙しい人や気軽にロト6を買いたい人にはとってもおすすめです。ネットバンクでロト6を買う場合、「原則1年中、24時間買える」のがイイですよね。

ただし、注意点もあります。「原則」と言うだけあって、年末年始は販売していないのと、購入する時間帯にとっては「予約購入」扱いになるので気をつけてくださいね。また未成年者は買うことができません。さらに日本国内に住んでいる人のみしか買うことができない点も注意が必要です。以下、私が表でまとめてみたので、参考にしてみてくださいね♪

【ネットバンクでロト6を購入する際の条件】

ネットバンクの口座を持っている
成人している(未成年はNG)
国内在住者のみ(海外在住者はNG)
口座にロト6を買えるだけの金額がある

【予約購入扱いになる時間帯について】

  • 毎日午前0:00~午前8:00
  • 抽選日の18:20以降~
  • 抽選日以外の19:50以降~

 

ロト6を楽天銀行で買うメリットは2つあり

ロト6を楽天銀行で買うメリットは2つあり

ロト6レッド基本的には、5つの銀行のうち現在自分が開設しているネットバンク口座があるのであれば、そのまま使う方が口座開設する手間もないので楽チンです♪5つの銀行のいずれも、原則的には1年中24時間買えるので、一見「どこで口座持っても同じじゃないの?」と思う人もいるかもしれません。でも、これからロト6を買うために新たにネットバンクの口座を作りたい人は【楽天銀行】がおすすめなんです。

「楽天」と聞くと、「ネットショッピングの楽天市場はよく使ってるよ」「いやいやプロ野球でしょ」といろいろな声が出るかもしれませんが、実はなかなかイイんです。それでは他行にはない楽天銀行のメリットを見ていきましょう。

楽天銀行のメリット

①楽天スーパーポイントが貯まる

私がイチオシする最大の理由はこれ!ロトを始めるとする宝くじを購入すると、ポイントが貯まるということに尽きます。楽天銀行では、ハッピープログラムを使ってネットでロト6を購入すると、「楽天スーパーポイント」がもらえます。

【楽天スーパーポイント換算】

宝くじの種類 1口あたりの単価 付与されるポイント
ロト6 200円 1ポイント
ロト7 300円
ミニロト 200円
ナンバーズ3 200円
ナンバーズ4 200円

(楽天銀行公式ホームページより 2016年3月1日以降のポイント付与の状況)

②貯まった楽天スーパーポイントで買い物ができる

楽天スーパーポイントを貯めると、「楽天市場」や「楽天トラベル」で好きなものを購入することができます。普段から楽天市場でショッピングをする人ならぜひ利用したいサービス。コツコツ貯めることで、いつの間にか国内旅行に行けるくらいまでポイントが貯まっていた……というのもイイですね!

楽天スーパーポイントと宝くじ公式サイトのポイント、どっちがお得?

楽天スーパーポイントと宝くじ公式サイトのポイント、どっちがお得?

ロト6レッド一方、「宝くじ公式サイト」で購入しても「宝くじポイント」がもらえるので、貯めている人もいるかと思います。「宝くじ公式サイト」内で宝くじを購入すると、100円につき1ポイント(=1円)の宝くじポイントがもらえ、貯まった宝くじポイントは決済完了の翌日から「宝くじ公式サイト」で宝くじの購入に利用できるようになります。

この2つ、どう違うかというと、宝くじ公式サイトのポイントは貯まると宝くじ購入に使えるのに対し、楽天スーパーポイントは、先ほどご紹介した通り、楽天市場での買い物や楽天トラベルでの旅行にも使えるという点。後者の方が使い道としての汎用性が高いのが私のおすすめしている理由でもあるんです♪

宝くじ購入で貯まったポイントで、さらに宝くじを買いたいなら「宝くじポイント」!
宝くじ購入で貯まったポイントで、ちがうことに活用したいなら「楽天スーパーポイント」!で覚えておいてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?忙しくてなかなか自分の思うように宝くじ売り場に買いに行けない人もネットバンクならスマホやPCでポチっと購入できるので楽チン!さらにロト6を買えばポイントも貯まるので「1粒で2度おいしい」というメリットがあります!これからネットバンクの口座を開こうかなという人は、ぜひ参考にしてくださいね♪(by マリ)

常勝アプリ「ミラクルプリチーあたるチャン」があなたのロト6ライフをサポート

ロト6連続当選ミラクルプリチーあたるチャン ロト6を攻略する、おすすめツールをご紹介します。
なんとわずか1年足らずで数千万円以上の当選実績が続出しているロト6ファンのための最後にして最高の常勝アイテム『ミラクルプリチーあたるチャン』は、あなたが夢見る億万長者の夢を今すぐ現実にするアイテムです!『ミラクルプリチーあたるチャン』を使って毎回3等以上をゲットしましょう!

ロト6・レッドが予想する

2022年5月23日【第1691回】ロト6

高額当選させるための予想数字
無料でお届けします!

予想数字をもらう