ナンバーズ4超絶予想ストレート的中攻略!シングル・ダブル別に徹底解説

ナンバーズ4超絶予想ストレート的中攻略!シングル・ダブル別に徹底解説

ナンバーズ4を予想して的中させるなら、ストレートで高額当選を狙ってみませんか?

数字の並びまで当てるのは簡単ではありませんが、ナンバーズ4の当選金額90万円(理論値)の当選金は魅力です。

ナンバーズ4を予想して当選確率をアップするため、『ナンバーズ4超絶予想ストレート的中攻略』を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

常勝アプリ「ゴールドくん」があなたのナンバーズ4ライフをサポート

ゴールドくん 「ナンバーズ4超絶予想ストレート的中攻略!シングル・ダブル別に徹底解説」をご覧いただく前にナンバーズ4を攻略する、おすすめツールをご紹介します。
なんとわずか1年足らずで数千万円以上の当選実績が続出しているナンバーズ4ファンのための最後にして最高の常勝アイテム『ゴールドくん』は、あなたが夢見る億万長者の夢を今すぐ現実にするアイテムです!『ゴールドくん』を使って毎回3等以上をゲットしましょう!

ナンバーズ4のストレートの魅力は、セットでより強く

ナンバーズ4 セット

 

ナンバーズ4のストレートでの当選は確かに魅力ですが、並びを問わないボックスと比較して、「当選確率が低い」というデメリットがあります。

こんなデメリットを解消するためのポイントが、「セット」です。

ストレートとボックスを半分ずつ申し込むセットなら、万が一ストレートが外れた場合も、ボックスでの当選が可能です。

完全な「はずれ」を避けられるので、保険として役立つというわけです。

セット・ストレートでナンバーズ4を当選した場合、当選金が少なくなるというデメリットがありますが、セットを2口以上購入することで解消できます。

ナンバーズ4の過去の当選金額を見てもわかるとおり、ストレート1口分の当選金額よりも、セット・ストレート2口分の当選金額の方が高くなります。

例えば、2020年10月に行われた第5545回の当選金額を見ると、

  • ストレート → 1,348,400円
  • セット・ストレート → 730,300円

で、セット・ストレート2口分(1,460,600円)の方が高額になります。

ナンバーズ4のセット・ストレートの当選金額は、ストレート当選金額の半分にセット・ボックス当選金額をプラスして算出するので、2口買えば必然的にストレートの当選金額よりも高くなるというわけです。

ナンバーズ4超絶予想ストレート的中攻略【シングル編】

ナンバーズ4 シングル

ナンバーズ4の当選番号は、以下の5つのパターンに分類されます。

シングル 全て違う数字(例:1234)
ダブル 同じ数字数字2つと違う数字2つ(例:2248)
ダブル・ダブル 同じ数字2つずつ(例:4466)
トリプル 同じ数字3つと違う数字1つ(例:1113)
オール 全てが同じ数字(例:2222)

この中で当選回数が多いのは、「シングル」と「ダブル」で、ストレートを攻略する際も、これら2つで並びを研究することが大切です。

まずはシングルから、ナンバーズ4超絶予想ストレート的中攻略を紹介します。

1つのボックスに対して、ナンバーズ4のストレートの当選パターンは24通りあります。

ボックス当選番号 1234
ストレートの当選番号 1234/1243/1324/1342/1423/1432/2134/2143/2314/2341/2413/2431/3124/3142/3214/3241/3412/3421/4123/4132/4213/4231/4312/4321

これら24通りの中で、数字の大きさに注目して分析すると、出現率に偏りがあることがわかります。

  • 4つの数字の中でもっとも小さい数 → ①
  • 4つの数字の中で2番目に小さい数 → ②
  • 4つの数字の中で3番目に小さい数 → ③
  • 4つの数字の中でもっとも大きい数 → ④

ストレートの並びを①~④まででパターン化した上で、過去のナンバーズ4の当選結果を分析してみましょう。

ナンバーズ4の出現回数ランキング上位5つは以下のとおりです。

1位 ①②④③
2位 ②③①④
同率2位 ④①②③
4位 ④③①②
5位 ①③④②

ナンバーズ4の出現回数が少ないパターンのランキングもチェックしましょう。

20位 ④③②①
21位 ③②①④
22位 ④②①③
同率22位 ①③②④
24位 ①④③②

偏りがあると言っても、それほど大きな差があるわけではないので、ナンバーズ4の出現回数が少ないパターンを丸ごとカットするのはおすすめできません。

ただ数字の並びで悩んだとしたら、やはりナンバーズ4の出現回数が多い方を選んだ方が有利になるでしょう。

またもう一つ忘れてはいけないのが、「前回と同じパターンが連続して出現する可能性は極めて低い」というデータです。

第5541回の当選番号「9684」の並びパターンをチェックすると④②③①なので、同一のパターンは選ばないようにしましょう。

ナンバーズ4の過去の当選データをチェックするときは、シングル以外の当選番号は無視して、「直近のシングル当選結果」のみに注目してみてください。

ナンバーズ4超絶予想ストレート的中攻略【ダブル編】

ナンバーズ4 ダブル

シングルでは1つのボックスに対して、ストレートの当選番号が24通りありましたが、ダブルの場合は12通りです。

ボックス当選番号 1124
ストレート当選番号 1124/1142/1214/1412/1421/1241/2114/2141/2411/4121/4112/4211

同じ数字が出る位置(★マークが同一の数字)で分類すると、位置パターンは以下の6つです。

  • ★★〇□
  • ★〇★□
  • ★〇□★
  • 〇★□★
  • 〇□★★

6つのパターンを出現率順に並び替えると、以下のようになります。

1位 〇★□★
2位 〇★★□
3位 ★★〇□
4位 ★〇★□
5位 〇□★★
6位 ★〇□★

シングル同様、こちらも、出現回数を丸ごとカットできるわけではありませんが、数字で悩んだときの参考にしてみてください。

またダブルにおいても、同じ位置パターンが連続して続くケースはごく稀です。

第5545回の当選番号「6063」の位置パターンは「★〇★□」であり、第5543回の当選番号「1599」は「〇□★★」で、連続していないことがわかります。
(※第5544回の当選番号「4114」はダブル・ダブルのため除外)

これによって、ストレートの順番をある程度絞り込めます。

ナンバーズ4のストレートの当選番号の「勢い」とは?

好調

ナンバーズ4のストレートの当選番号は、千の位・百の位・十の位・一の位の4つで構成されています。

実は数字によっては、出やすい位と出にくい位があります。

そしてこのナンバーズ4のストレートの確率は、時期によっても変わるという特徴があるのです。

「0」が百の位に出現した回数は、第1731~1830回までは12回と多いのですが、第1931~2030回になるとわずか5回となります。

第1931~2030回は、「0」が千の位に出現した確率が非常に高くなっています。

このように、どの数字がどの位に出現しやすいのか、直近のデータだけでも分析すると、数字と枠の勢いについて見えてきます。

どの数字をどこに当てはめるのかで悩んだときの、参考になるはずです。

ナンバーズ4のカップルごとの出現回数にも注目を

数字

ナンバーズ4の当選番号4つを、「千の位・百の位」「十の位・一の位」に分割して、それぞれをカップルとします。

このカップルごとの出現回数にも偏りがあり、多いものを選択した方が有利になります。

第1031~2030回のカップル出現回数をチェックしてみると、「0」を一の位に据えたい場合、カップルの候補は「00(出現回数11回)」「10(同6回)」「20(同12回」「30(同8回)」「40(同13回)」「50(同10回)」「60(同20回)」「70(同8回)」「80(同11回)」「90(同9回)」となります。

出現回数が少ない候補と多い候補を比べてみると、3倍以上の差があることがわかります。

「10」よりも「60」を選んだ方が有利だと言えるでしょう。

並びパターンや、数字・位が持つ勢いについて考慮しつつ、カップル分析で出現回数が多い組み合わせをチェックしてみてください。

ナンバーズ4超絶予想ストレート的中攻略のまとめ

ナンバーズ4はボックスと比較して「予測が難しい」と感じがちなストレートですが、まずはセット・ストレートから狙うことで、ハードルは低くなるはずです。

またナンバーズ4の出現回数が多いパターンについて知っておけば、当選確率が低いパターンを避けて購入できるでしょう。

ナンバーズ4超絶予想ストレート的中攻略を元に、ストレート攻略を目指してみてはいかがでしょうか?