【ナンバーズ4】シングル&ダブル狙い分け予想で当選率アップ

【ナンバーズ4】シングル&ダブル狙い分け予想で当選率アップ

ナンバーズ4で当選確率をアップするため、必要なのが「シングル」と「ダブル」の狙い分けです!

ナンバーズ4の「シングルとは?」「ダブルって?」と思うあなたでも大丈夫です。

誰でもナンバーズ4の当選確率が高いパターンを見極められる、ちょっとした予想方法を紹介します。

常勝アプリ「あたるクンGOLD」があなたのナンバーズ4ライフをサポート

あたるクンGOLD 「【ナンバーズ4】シングル&ダブル狙い分け予想で当選率アップ」をご覧いただく前にナンバーズ4を攻略する、おすすめツールをご紹介します。
なんとわずか1年足らずで数千万円以上の当選実績が続出しているナンバーズ4ファンのための最後にして最高の常勝アイテム『あたるクンGOLD』は、あなたが夢見る億万長者の夢を今すぐ現実にするアイテムです!『あたるクンGOLD』を使って毎回3等以上をゲットしましょう!

ナンバーズ4の攻略ポイントは「シングル」と「ダブル」にアリ!

10個の数字から4個を選んで当てるナンバーズ4の当選パターンは、以下の5つです。

【シングル】
全て違う数字(例:1234)

【ダブル】
同じ数字2つと違う数字2つ(例:2248)

【ダブル・ダブル】
同じ数字2つずつ(例:4466)

【トリプル】
同じ数字3つと違う数字1つ(例:1113)

【オール】
全てが同じ数字(例:2222)

ナンバーズ4では、これらすべてのパターンが同じ回数ずつ出現するわけではありません。

数字の組み合わせ数を見ると、

  • 【シングル】5040通り
  • 【ダブル】4320通り
  • 【ダブル・ダブル】270通り
  • 【トリプル】360通り
  • 【オール】10通り

となり、偏りがあるためです。

数字の組み合わせ数を見れば、シングルとダブルで93%以上を占めていて、過去の当選実績もこの割合に倣っています。

「シングル」と「ダブル」、どちらが出やすいのかを見極めよう!

ナンバーズ4で10回中9回は「シングルまたはダブルのパターンで当選」ということになれば、次に重要なのは、どのタイミングでシングル(もしくはダブル)を狙えば良いのか?という点です。

「次はシングルが来る!」とわかっていれば、その他の組み合わせパターンは丸ごとカットでき、その分当選確率を高められます。

とはいえ、ナンバーズ4のシングルとダブルが出現する割合は、ほぼ同じであり、狙い分けは非常に難しいポイントでもあります。

ここで注目したいのが、過去のナンバーズ4での当選番号におけるシングル・ダブルの出現推移や連続出現時の回数についてです。

過去1,000回分の結果を分析したところ、シングル・ダブルの狙い分けに役立つ「3期の法則」が明らかとなりました。

ナンバーズ4の当選番号は、連続出現の長さによって、おおよそ3つの時期に分けられるのです。

なお短期は1~2回の出現、長期は3回以上の連続出現と定義しています。

  • 【A期】シングルとダブルが短期間で常に入れ替わる時期
    (※例:シングルS→ダブルW→S→S→W→S→W)
  • 【B期】シングル(もしくはダブル)が連続当選している中に、もう一方の短期当選が挟まれる時期
    (※例:S→S→S→S→W→S)
  • 【C期】シングルとダブルそれぞれが4~5回の連続当選を繰り返す時期
    (※例:S→S→S→S→W→W→W→W→S→S→S→S)

たとえば、今現在が【A期】であれば、直前の当選パターンとは異なるパターンを選択することで、当選確率を高められます。

【C期】であれば、前回と同じパターンを選択するのが賢い方法だと言えるでしょう。

とはいえどの時期であっても、いつか必ず切り替わりますし、特に【B期】は「いつどのタイミングで短期当選が入るのか?」の見極めが非常に難しくなってしまいます。

ある程度経験を重ねていけば、自然と流れを読み取れるようになってきますが、それまでは以下で紹介する、さらなる法則を参考にしてみてください。

まずは3つの時期の出現パターンから

過去のナンバーズ4でのデータを分析してみると、A期・B期・C期という3つの時期は、常にランダムに入れ替わっているわけではないことがわかります。

A期がやってくるのは、B期やC期が終わったあとです。

3つの時期の中では、もっとも見極めやすいでしょう。

B期は「シングル(もしくはダブル)が連続当選している中に、もう一方の短期当選が挟まれる」時期ですが、2サイクルで終了するケースがほとんどです。

わかりやすい例を挙げて説明しましょう。

シングルが連続出現(3回以上)→ダブルの短期出現(1~2回)→シングルの短期出現(1~2回)【終了】
(※シングルとダブルが入れ替わるケースもアリ)

C期の場合は、1サイクルで終わるケースがほとんどです。

シングルが連続出現(3回以上)→ダブルが連続出現(3回以上)【終了】
(※シングルとダブルが入れ替わるケースもアリ)

つまり、SまたはWの連続出現が現れた時点で、A期の訪れが早期に予想できるということになるのです。

A期に突入したとわかったら、前回とは違うパターンを狙っていきましょう。

前回の当選結果がシングルならダブルを、ダブルならシングルを狙うだけなので、いたってシンプルに買い目を絞り込んでいけます。

シングルとダブルが1回ずつ入れ替わるのが続く回数は、多くの場合4回までです。

ただA期自体は、抽選回数が20回を超えても続くことがあります。

A期の間は、短期当選(1~2回)が繰り返される点を頭に入れて、予測を立ててみてください。

またA期の中に【ダブル・ダブル】【トリプル】【オール】のいずれかが組み込まれると、シングルとダブルの1回ずつの入れ替わり回数が増える傾向にあります。

※普通の場合:S→W→S→W→S→W→S→W【終了】
※間に別パターンが挟まれる場合:S→W→S→W→【ダブル・ダブル】→S→W→S→W→S→W【終了】

過去のデータをチェックしてみると、A期の中に【ダブル・ダブル】【トリプル】【オール】のいずれかが組み込まれた場合、最長8回、SとWの1回ごとの繰り返しが続いたケースがありました。

とはいえ、こちらは例外とも言えるので、5回を目安にするのがおすすめです。

【ダブル・ダブル】【トリプル】【オール】のいずれかが入ると、A期そのものも長期化する傾向にあります。

狙いを絞り込みやすいA期ですが、1回ごとの繰り返しが続く場合や長期間にわたっている場合、【ダブル・ダブル】【トリプル】【オール】のいずれかが出る前触れとして活用するのも良いでしょう。

B期とC期のポイントは連続性の見極め

B期とC期の当選確率を高めるためには、シングルまたはダブルが、何回連続して出現するのかを見極める必要が出てきます。

シングルとダブル、過去の連続出現回数を調べたところ、シングルでは「10連続」、ダブルでは「7連続」ということがありました。

ただこれは極めて例外的で、シングル・ダブル共に、そのほとんどが「3~4連続」にとどまっていました。

よって、シングルもしくはダブルのいずれかが、連続して3回当選したら、別パターンへと切り替えるのがおすすめです。

余裕を持って4回連続するまで待てば、次の回は別パターンへと切り替わる可能性がより一層高くなります。

ナンバーズ4を予想する際の参考にしてみてください。

まとめ

次の当選パターンがシングルなのか、ダブルなのかを見極めるだけで、ほぼ半数の組み合わせ数字を大胆にカットできます。

効果が高いカット方法だからこそ、ナンバーズ4を予想する大きなテーマと言えるでしょう。

今回紹介したナンバーズ4の予想方法は、シングルとダブルの当選状況から導き出した法則です。

直近のナンバーズ4の当選データをもとに、まずは、今がどの時期に当たるのかを見極めてください。

A期・B期・C期、それぞれの時期の特徴を知っておくだけで、シングルとダブルのどちらを購入するべきか、判断できるタイミングが増えるはずです。