ミニロト最強の予想方法「ミニロト高額当選反転表攻略」

ミニロト最強の予想方法「ミニロト高額当選反転表攻略」

常勝アプリ「あたるクンGOLD」があなたのミニロトライフをサポート

あたるクンGOLD 「ミニロト最強の予想方法「ミニロト高額当選反転表攻略」」をご覧いただく前にミニロトを攻略する、おすすめツールをご紹介します。
なんとわずか1年足らずで数千万円以上の当選実績が続出しているミニロトファンのための最後にして最高の常勝アイテム『あたるクンGOLD』は、あなたが夢見る億万長者の夢を今すぐ現実にするアイテムです!『あたるクンGOLD』を使って毎回3等以上をゲットしましょう!

ミニロト高額当選反転表の数字はカップルごとの相性で決定

とても簡単でかつ簡単にミニロトの予想が行え、それでいて極めて高額当選が頻繁に狙えるミニロト最強の予想方法が、「ミニロト高額当選反転攻略」です。

軸数字を決めてミニロト高額当選反転表を1周するだけで、相性のいい数字同士が自動的に導かれ、ミニロトの予想を簡単に実行し高額当選を狙います。

この魔法のようなことを可能にしている秘密は、ミニロト高額当選反転表のつくり方にある。

ここではミニロト高額当選反転表のつくり方から実際の使い方まで順を追って説明します。

ミニロト高額当選反転表とは、ミニロトの当選番号を小さいほうから2個ずつ4組のカップルにし、各カップルの出現回数をミニロト高額当選反転表に集計したものです。

第313回を例にすると、ミニロト当選番号「01.07、26、27、31」を「01、07」「07、26」「26、27」「27、31」という4カップルに分解し、1組目のカップル「01.07」をA面のa軸「01」とb軸「07」が交差する欄に1回とカウントします。

次に2番目の、「「07、26」をB面のb軸とc軸で、さらに同様にして3組目をC面、4組目をD面にカウントします。

このようにして全当選番号をカウントすると、カップルごとの当選回数が記されることになります。

グラフ上の大きい数字の欄をたどっていけば、勝率の高い番号が自動的に出来上がるのには、ちゃんとした理由があることがご理解できるはずです。

ミニロト高額当選の決め手は軸数字とミニロト高額当選反転表のスタート地点がポイント

次に、ミニロト高額当選反転表の使い方を説明します。
ミニロト高額当選反転表でミニロトの予想をする時は、まずミニロトの予想の軸になる数字を決めます。

この軸数字は、次の3つの気分に従って決めるといいです。

①引っ張り&復活現象の期待される数字
②強い数字
③バーゲンセール中の数字(直前10かいくらいの出現状況を見て、よく当選している数字)

軸数字を選んだら、ミニロト高額当選反転表のa〜dのどこをスタート地点にするか表①で確認します。

このスタート地点は、出方の多い軸に数字を割り振ったものです。

「01」は1番目の数字以外では当選しないので、スタート地点はa軸しかありえませんが、「17」のように1〜5番目まで満遍なく当選したことがあるものは、スタート地点は表①の第1候補、第2候補の中から選ぶようにします。

ミニロト高額当選反転表

※ ◎がスタート地点(軸数字が入る位置)。

軸数字を1番目の数字(a軸前半)にする場合

第1候補:01、02、03、04、05、06、08
第2候補:07、09、10

軸数字を1番目の数字(a軸前半)にする場合

軸数字を2番目の数字(b軸)にする場合

第1候補:07、09、10、12
第2候補:03、04、05、06、08、11、13、14、15

軸数字を2番目の数字(b軸)にする場合

軸数字を3番目の数字(c軸)にする場合

第1候補:11、13、14、15、16、17、19、20
第2候補:12、18、21、24

軸数字を3番目の数字(c軸)にする場合

軸数字を4番目の数字(d軸)にする場合

第1候補:18、21、22、23、24、25
第2候補:16、17、19、20、、26、27

軸数字を4番目の数字(d軸)にする場合

軸数字を5番目の数字(a軸後半)にする場合

第1候補:26、27、28、29、30、31
第2候補:22、23、25

軸数字を5番目の数字(a軸後半)にする場合

ミニロト高額当選反転表を1周すればミニロトの予想番号ができあがります。

軸数字が決まり、スタート地点が決まったら、あとは表①の通りにミニロト高額当選反転表を回っていけばいいのです。

「軸数字よりも大きな数字を選ぶときは左回り(反時計回り)」
「軸数字よりも小さな数字を選ぶときは右回り(時計回り)」
ということさえ覚えていれば、間違えることはありません。

軸数字が「01」の場合なら、
「a軸→b軸→c軸→d軸→a軸」というふうにずっと左回りに進みます。

一方、軸数字「31」の場合には、
「a軸→d軸→c軸→b軸→a軸」というふうに右回りに進めばOKです。

それでは、軸数字「02」を選んだとして、実際にミニロト高額当選反転表を回ってみましょう。

軸数字「02」のスタート地点を表①で探す。
「02」は第1候補の1番目の数字(a軸前半)にしかないので、ここがスタート地点となります。

スタート地点の候補が2つある場合には、次回の予想は見送ったほうが賢明です。

表②を見てください。

a軸「02」から矢印に従ってA面に進み、大きめの値の書かれた欄<8>でストップします。

直角に左に回り、行き当たったb軸の数字「03」が2番目の数字になります。

ここからさらに矢印の方向に進み、B面の大き目の値<3>で直角に曲がります。

するとc軸で「08」に行き当たるので、これが3番目の数字となります。

これで「02、03、08、※、※」まで番号ができました。

あとは同じ手順で、c軸→C面で曲がってd軸(4番目の数字)、d軸→D面で曲がってa軸後半(5番目の数字)へと進むと、ミニロトの予測番号ができあがります。

表② グラフの進み方

基本的に、大きな値の欄を選ぶ(ただし、偶数と奇数、低数字と高数字などのバランスに気をつけること)。

AからD面では基本的に、大きな数字の欄を選ぶ。ただし、偶数と奇数、低数字と高数字をほどよく含むなど、バランスの取れた番号になるように気をつけること。

b軸からの進み方(軸数字「06」の場合)

グラフの進み方2

軸数字よりも小さい数字は右回りで選ぶ

軸数字を2番目の数字とする場合には、b軸からのスタートになる(表③下)。

軸数字より大きな数字(3〜5番目の数字)は、前述のa軸前半からスタートした場合と同じです。

そうすると、ミニロト高額当選反転表をa軸後半まで進んだ時点で、1番目以外の数字が選ばれることになります。

注意してほしいのは軸数字よりも小さな数字、この場合は1番目の数字の選び方です。

この数字を選ぶときは、ミニロト高額当選反転表を右回りに回ります。

つまりb軸から矢印に従ってA面に進み、大き目の値で直角に曲がり、行き当たったa軸の数字が1番目の数字になります。

それぞれのスタート地点に応じたミニロト高額当選反転表の回り方は、表①に全て紹介してあるので、難しく考えずに、選んだ軸数字とスタート地点に従ってグラフを回ってください。

ほんの数分でミニロトの予想番号が出来上がり、慣れるほどその手軽さと有効性が実感でき、ミニロトの予想で高額当選を的中させ、稼げるようになることも夢ではありません。

表③ ミニロト高額当選反転表

ミニロト高額当選反転表

表をダウンロード(PDF)